ベテラン看護師が新人看護師を笑いものに

あまりあっては欲しくないことですが、看護師にもやっぱり職場いじめというものがあります。看護師同士のちょっとしたトラブルが原因でいじめが始まったり、あまりの激務にみんな余裕がなくなってやたら攻撃的になったり、原因はいろいろあるでしょう。実際にどんないじめがあったのか、看護師体験談集です。

入職前は雰囲気がよさそうと思っていたのに

整形外科に勤めて4年目の20代女性看護師です。職場は総合病院の整形外科病棟になります。入職前に参加した就職説明会で、実際に勤務している看護師から話を聞きました。その際は、比較的若い看護師が多く、病院の立地も、仕事終わりにご飯に行くのに便利な環境と聞いていました。そのため、和気あいあいとした雰囲気の職場を想像していました。

ベテラン看護師が新人看護師をないがしろに

でも、実際に働き始めると、全然和気あいあいではありませんでした。10年目以上の看護師は、新人看護師の私たちが挨拶しても、基本的に無視します。新人看護師が8名いたこともあり、オフ室やナースステーションではいつも、「狭い」「人口密度が高い」「邪魔」と言う言葉を繰り返し言われました。そのため、休憩時間にオフ室に入ることができなくなり、新人だけは同じ病棟にあるカンファレンスルームで休憩をとっていました。

笑いものにされたりあげつらわれたり

勤務中は、何か失敗をしたことや、ケアに一緒に入った際に先輩がおかしいと思ったことを、振り返り以外で、他の看護師たちにナースステーションで、ありえない、あの子はおかしいなどとネタにされ、笑われていました。数ヶ月単位でプリセプターとチームリーダーとの振り返りがあるのですが、そのときには、業務などの仕事上のことではなく、自分の性格のことを評価されました。同期は「いつも笑っていて、本音を言わない偽善者」と言われました。

同期同士で団結して頑張った

同期とは毎日辞めたいと話していました。しかし短くても入職して3年目以上は働かないと、経歴に傷がつきます。転職の際に不利になると学生の頃から聞いていましたし、師長からも言われました。また、同期は団結していて、仲がよかったので、何かあればすぐに同期同士で愚痴を言い合い、お互いに励まし合ってなんとか辞めずに頑張ることができました。

いじめる側の退職や移動で環境が変化

今も同じ病棟で働いていますが、そのとき私たちをいじめていた先輩たちは数年の間にほとんどが退職、異動となり、環境は随分変わりました。しかし、残っている数人はいまだに新人をいじめています。本人たちにはいじめているという感覚はないようで、新人には厳しくするものと考えているのだと感じました。そのあたりからも、いじめをゼロにするのは難しいのだと感じます。

看護師同士で態度が悪ければ患者にも態度が悪い

いじめている人は、患者さんや同僚への態度にも、悪い印象が現れます。手に負えないため、放置されることが多いですが、不快に思っている人はたくさんいます。自分の中で抱えこまず、同期や話しやすい先輩が1人でもいれば、その人に言うとスッキリすると思います。心の中に抱えこまず、愚痴をこぼしてみてください。